医院ブログ

2020.08.28更新

こんにちは。院長の品川弥人です。

前回の動画:絶対に放置してはいけない危険な胸痛の特徴【循環器内科医が5分で説明】
では危険な胸痛、狭心症の特徴について説明しましたが、今回はそれを補足する形で、急性心筋梗塞と狭心症との違いについての説明動画を作成しました。

1. 急性心筋梗塞とは何か?、2. 胸痛の性状、3. 胸痛の持続時間、4. 胸痛が起こるタイミング、5. 心筋梗塞の前兆、についてお話をしています。

【心筋梗塞とは?】
狭心症は心臓に血液を送る冠動脈が詰まりかけている、或いは血管の痙攣によって一時的に血管が細くなって血の巡りが悪くなっている状態です。
心筋梗塞とはそれがもっと進んだ状態。すわなち、冠動脈が完全に詰まってしまい、心臓の筋肉が壊死をしてしまうため心臓の動きが止まってしまう命に係わる状態です。

【胸痛の性状】
痛みの特徴は狭心症と急性心筋梗塞で大きな違いはありません。前胸部の広い範囲でおこる、締め付けられるような、重しを乗せられたような圧迫感であることが多いです。また、冷や汗をかく、左腕や顎、歯、背中にも痛みが広がることもあります。さらに、胸でなくみぞおち、胃のあたりだけが痛む場合もあるので注意が必要です。胃の痛みだと思ったら狭心症や心筋梗塞だったということも決して珍しくありません。そして心筋梗塞では痛みの強さが狭心症より強いのが一般的です。

【痛みの持続時間の違い】
狭心症の段階では、胸の痛みは一時的なのが特徴です。冠動脈が詰まりかけていることでおこる労作性狭心症では、体を動かしたときに胸の痛みがおこり、休むと良くなるのが特徴です。冠動脈が痙攣することで起こる冠攣縮性狭心症では安静時に胸痛が起こることが多いですが、どちらも持続時間は数分から長くても15分程度のことが多いです。一方で、急性心筋梗塞の場合は胸痛は30分以上続きます。

【胸痛が起こるタイミング】
労作性狭心症では体を動かしたとき、安静時狭心症では明け方に起こりやすいなどの特徴がありますが、急性心筋梗塞の場合はいつ起こってもおかしくありません。運動時、安静時、夜寝ているとき、いつ発症してもおかしくありません。

【心筋梗塞の前兆】
急性心筋梗塞の前兆はある場合とない場合があります。まず前兆がある場合ですが、体を動かしたときの胸の圧迫感があり、だんだん胸痛の程度が強くなる、持続時間が長くなる、ちょっと身の回りのことをしただけでも胸の痛みが出るようになる、などが危険な兆候です。一方で前兆が全くない、狭心症の痛みが全く起こったことがない人が突然心筋梗塞を起こすことも決して珍しくありません。ですので、突然今まで経験したことがないような胸の圧迫感、重苦しさ、締めつけられるような痛みが出現し、冷や汗を伴い改善がない場合は急性心筋梗塞の可能性があります。このような場合はすぐに救急車を呼ぶ必要があります。

 

AMI

 

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

WEB問診
  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール