医院ブログ

2020.08.22更新

今回は慢性心不全、心筋梗塞、心房細動、弁膜症、心筋症などの心臓病で通院されている患者さんの日常管理でとても大事な話をします。
心不全は急激に悪化する急性増悪という状態を繰り返しながら、徐々に悪化していきます。
大きく状態が悪化した後は、飲み薬の調整や入院加療で状態は改善しますが、心臓の力としては徐々に弱っていきますので、心不全を悪化させないことがとても大事なのです。
では具体的にどうすればよいのでしょうか?
まず心不全が悪化したときの症状をしっかり知っておくことです。それはうっ血の症状であり、次の5つが代表的な症状です。①体を動かしたときの息切れ、②浮腫み、③横になって寝ているときの呼吸困難、④体重増加、⑤安静時の呼吸困難
つまりこの5つの症状が起きないように注意をすればよいのです。
ではこのうっ血の症状が悪化する原因は何でしょうか?
多い原因を5つ挙げると、①塩分・水分の摂りすぎ、②感染症(かぜや肺炎をきっかけに悪化)、③過労、④薬の飲み忘れ、⑤不整脈となります。この中で圧倒的に多いのが塩分や水分の摂り過ぎです。塩分の理想的な量は1日6gです。塩分がしっかり制限できていれば、水分は厳密に制限する必要のないことがほとんどです。ただし重度の心不全の場合は水分もしっかり管理する必要があります。どのくらいの制限が適切なのかは病状によって異なりますので主治医の先生に個別に相談する必要があります。また、過労を避ける、薬を飲み忘れないこともとても大事な点です。かぜを中心とした感染をきっかけに心不全が悪化することも多いです。熱や咳が長引くときは早めの病院受診が大事です。また、不整脈が増えると心不全が悪化しやすいことも覚えておきましょう。
さて、このうっ血症状の悪化を防ぐ、いち早く悪化に気付くためにとても大切なことがあります。それが自宅での血圧、脈拍、体重の定期測定と記録です。急に体重が増えてきたとき心不全増悪のサインであることが多いです。特に塩分や水分を取りすぎていると体重が急に増加します。血圧が高すぎると心不全は容易に悪化します。また、脈拍を定期的に記録しているといつもより脈が速い、或いは遅い、血圧計で不整脈のマークが多くでるなどで、気づくことができます。血圧手帳を定期的に記録して、うっ血の原因となる五つの原因に気を付けて生活することで心不全の悪化を予防することができるのです。

動画での説明➡悪化させない心不全管理とは? 

CHF-4

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

WEB問診
  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール