循環器内科

循環器疾患とは

循環器疾患とは全身に血液を巡らせる心臓・血管の疾患の総称です。当院では循環器疾患に対して専門性の高い診療を行っております。胸痛や息切れに関してはスピーディー検査が受けられ、適切な診断を受けられます。

循環器疾患の怖いところは、重篤な心疾患の原因となる高血圧や脂質異常症、糖尿病等の時点では自覚症状がないことです。このため、検診で異常を指摘されても病院を受診しない方も多くいらっしゃいます。

しかし、長年放置しておくと、狭心症・心筋梗塞・心不全・脳梗塞・脳出血などの命に関わる病気につながります。体を動かしたときの胸の痛み、脈の乱れや動悸、息切れ等がある場合は、心臓の病気の可能性があります。このような方は症状が悪化する前に受診しておくことをおすすめします。

循環器専門医によるきめ細かい管理

当院では循環器の病気で大きな病院におかかりの患者さまの慢性期管理を積極的にお引き受けしております。心筋梗塞・狭心症・心筋症・不整脈・心不全などの心臓疾患は、服薬で症状が安定している慢性期でも、突然状態が悪化することがあります。この急性増悪を防ぐために普段から専門的な目で管理を行うことがとても大切なのです。

当院では、専門医によるきめ細かい診察を受け、生活指導・お薬の調整等によって急性増悪を未然に防ぐ診療が受けられます。「自宅の近くの通いやすいクリニックで専門の先生に長く診てもらいたい」という方は、ぜひご相談下さい。

※通院が難しい患者さまには「在宅訪問診療」も行っております。詳しくはこちらをご覧下さい。

こんな症状ありませんか?

胸が痛い
動悸
脈が不整
息切れ・呼吸困難
めまい・失神
むくみやすい
足がだるい・冷える 等

高血圧症

高血圧治療の必要性・放置する危険性 

高血圧症は、血圧が慢性的に正常の範囲を超えて高い状態です。自覚症状がない場合がほとんどですが、頭痛やめまい、肩こり等が起こる場合もあります。

現在わが国において高血圧の方は約4300万人、その中で適正に血圧がコントロールされている方はわずか1200万人といわれています。残り3100万人の方は高血圧の治療がなされていない、もしくは治療していても目標に達していないのが現状です。高血圧のほとんどの方は症状がありませんので、健康診断で要受診と指摘されても、ついそのままにしてしまう方が多いのではないでしょうか。しかし血圧が高い状態を放置しておくと徐々に動脈硬化が進行し、大血管、心臓、脳血管、腎臓、眼の網膜などの内臓が傷害を受け、動脈瘤、動脈解離、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、脳出血、腎不全、視力障害などの重大な病気を引き起こすことになります。このような重篤な病気は無症状の状態から突然発症して命にかかわるものが多く、ゆえに高血圧はサイレントキラーと呼ばれる病気の代表なのです。

家庭血圧の意義とは?測り方・活かし方 

血圧は診察室だけでなく、家庭での測定・記録がとても大事なのですが、その意義をご存知でしょうか?家庭での血圧は診察室で測定する血圧に比べ、臓器障害や心臓・脳血管の病気とより密接な関係を持つことが知られています。診察室血圧が高くても、家庭では正常な状態を白衣高血圧、逆に診察室では正常でも家庭血圧が高い状態を仮面高血圧と言います。また血圧が特定の時間に高い場合は、その時間帯によって、早朝高血圧、昼間高血圧、夜間高血圧の3つに分類されます。家庭での血圧を記録することで血圧の変動パターンを知り、未治療の方は治療の必要性の判断、すでにお薬を内服されている方は治療が上手くいっているかどうかの判断とより適切な治療に活かすことができるのです。

 

降圧治療の目標値 適正な血圧とは?

血圧はどこまで下げるのが適正なのでしょうか?高血圧治療の目的は、長期間にわたって高血圧が続くことによって引き起こされる合併症、動脈瘤や狭心症・心筋梗塞、脳卒中、腎臓病を予防して、命にかかわる病気を防いで元気で健康に過ごすことです。この観点から血圧がどのくらいの方が、病気が少なく長生きしているかについて膨大なデータ分析をすることで適正血圧が決められています。一般に120/80mmHgくらいまでは血圧が低ければ低いほうが、これらの病気のリスクが少ないことがわかっています。このようなデータを基に高血圧学会がガイドラインとして降圧目標や適正血圧を定めています。しかしガイドラインはあくまで目安であり、適正血圧は個人個人で異なります。特に全身の動脈硬化、心不全、腎臓の機能障害などの病気がある場合は個別に適正血圧を考える必要があるのです。

 

薬に頼らずに血圧を下げる 生活習慣の修正

薬に頼らずに血圧を下げるにはトータルでの生活習慣の修正が必要です。ポイントは7つです。(1)塩分制限(2)野菜・果物を多く摂取する(3)適正体重の維持(4)運動習慣 (5)禁煙 (6)お酒を控える(7)ストレス対策

これらの生活習慣は高血圧の予防の観点からも重要ですし、既にお薬を飲んでいる方は薬を減らせることに繋がります。是非、血圧が高めの方全員に身に着けてもらいたい内容です。どれも皆さんどこかで聞いたことがある事だと思いますが、実践・継続することは容易ではありません。大切なことは全部を完璧にこなそうとするのではなく、自分の生活習慣の中で改善すべきこと、できることを少しずつ取り入れて、毎日の習慣に組み入れることです。 是非動画でのアドバイスを参考にして、高血圧対策に取り組んでみて下さい。

高血圧の薬物治療と薬の知識

 高血圧でお薬を飲んでいる人もいれば、血圧が高いけど薬を飲んでいない人も多くいらっしゃいます。薬を飲むことに対して漠然とした不安を持っている方も多いと思いますが、大切なことは正しい知識をしっかりと持って、必要な場合は正しく薬を服用することです。動画では高血圧の薬全般についての知っておくべき知識、副作用、飲み方、などをQ and A方式で説明し、さらに良く使われる薬の種類ごとに特徴と副作用について簡単に解説しています。ご自分が飲んでいる薬については基礎的な知識と、起こる可能性のある副作用は知っておいたほうが良いでしょう。薬はについて分からないことや心配なことがあればそのままにせずに、是非主治医の先生に聞いて、安心、納得した上で血圧の管理を続けることが大切だと思います。

 

 

 

  • 原因

    食生活(塩分の摂りすぎ)、運動不足、喫煙等の生活習慣、遺伝が主な原因です。

  • 悪化した場合・合併症

    高血圧の放置は動脈硬化の進行を早め、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞・脳出血・腎不全等を招きます。動脈硬化は、一度悪くなると大幅な改善が難しいため、早期発見・早期治療が重要です。検診で血圧が高いと指摘されたり、頭痛等の症状があったりする場合は、早めの受診をおすすめします。

  • 治療法

    まずは減塩や運動等、生活習慣を改善します。それでも改善しない場合は薬物療法に移ります。高血圧の薬は「一度始めるとやめられないのでは」と心配される方もいらっしゃいますが、生活習慣をしっかり改善することで、薬を減らしたりやめたりすることも可能です。

狭心症・心筋梗塞

狭心症の特徴 危険な胸痛

動脈硬化で、心臓の筋肉に血液を運ぶ血管(冠動脈)が狭窄(狭くなる)や閉塞(詰まり)を起こし、心筋が血液不足になる病気です。血管が狭くなって胸痛をおこす状態が狭心症で、血管が閉塞して心筋が壊死に至る病気が心筋梗塞です。

【痛みの特徴】

狭心症や心筋梗塞の胸の痛みの特徴は、広い範囲の前胸部が締め付けられるような、圧迫されるような、胸をつかまれたような、重しを乗せられたような痛みであることが多いです。痛みとともに冷や汗、脂汗を伴うときは特に危険なサインです。また、胸の痛みとともに、左側の首やあご、歯の痛み、左腕に痛みが一緒に起こる場合もあります。さらには胸痛ではなく、みぞおち、胃のあたりだけが痛む狭心症や心筋梗塞もありますので注意が必要です。

【どんなときに痛みが起こるか?】

冠動脈が動脈硬化で詰まりかけて起こる狭心症では、体を動かしたとき、早歩きをしたり、階段をのぼったり、重いものを持ったりしたとき、いわゆる息切れがするような動きをしたときに胸が痛くなる特徴があります。このような状態を労作性狭心症と言います。また冠動脈が痙攣しておこる狭心症の場合には必ずしも体を動かしたときときではなく、安静時、特に明け方などに胸痛が起こりやすい特徴があります。このような狭心症を冠攣縮性狭心症と呼びます。

心筋梗塞の胸痛

【狭心症と心筋梗塞の痛みの違い】

痛みの特徴、性状については大きな違いはないのですが、心筋梗塞の場合は痛みの程度が強いことが多いです。また、一番の違いは痛みの持続時間です。狭心症の段階では、胸の痛みは一時的であることが特徴です。冠動脈が詰まりかけていることでおこる労作性狭心症では、体を動かしたときに胸の痛みがおこり、休むと良くなるのが特徴です。冠動脈が痙攣することで起こる冠攣縮性狭心症では安静時に胸痛が起こることが多いですが、どちらも持続時間は数分から長くても15分程度のことが多いです。一方で、急性心筋梗塞の場合は大抵、胸痛が30分以上持続します。また、狭心症の段階ではニトログリセリンという舌下錠のお薬が有効ですが、急性心筋梗塞ではニトログリセリンが効果が弱くなる、または全く効果がなくなります。また、胸痛が起こるタイミングにも注意が必要です。労作性狭心症では体を動かしたとき、冠攣縮性狭心症では安静時に起こりやすい特徴がありますが、急性心筋梗塞の場合は、運動時、安静時、夜寝ているとき、いつ発症してもおかしくありません。

【心筋梗塞の前兆】
急性心筋梗塞の前兆はある場合とない場合があります。まず前兆がある場合ですが、体を動かしたときの胸の圧迫感があり、だんだん胸痛の程度が強くなる、持続時間が長くなる、ちょっと身の回りのことをしただけでも胸の痛みが出るようになる、などが危険な兆候です。一方で前兆が全くない、狭心症の痛みが全く起こったことがない人が突然心筋梗塞を起こすことも決して珍しくありません。ですので、突然今まで経験したことがないような胸の圧迫感、重苦しさ、締めつけられるような痛みが出現し、冷や汗を伴うような痛みが出現し、改善がない場合は急性心筋梗塞の可能性があります。このような場合は救急で病院を受診する必要があります。

  • 原因

    高血圧・脂質異常症・糖尿病等や、喫煙等の生活習慣が主な原因です。

  • 悪化した場合・合併症

    重篤な心不全や突然死を招く恐れがあります。

  • 治療法

    当院では、急性期で大きな検査・治療の必要な患者さまは、大学病院・市民病院等の連携医療機関に紹介しております。緊急の治療の必要がある場合は、冠動脈の狭窄を広げるカテーテル治療や冠動脈バイパス手術が必要です。発作の予防のためには薬物療法を行います。慢性期では、再発予防のために生活習慣病のコントロールが重要です。

動悸・不整脈

動悸と不整脈のみかた

不整脈は心臓の電気的な異常で、脈が速い、遅い、あるいは脈のリズムが乱れた状態です。脈が飛ぶ、途切れる、どきどきする、鼓動を強く感じる、突然脈が速くなる、などの症状が出ます。一般的にはこれような症状の後に胸が痛くなったり、意識がぼーっとするようなことがあると危険な不整脈の可能性が高くなりますので注意が必要です。動悸や不整脈についてわかりやすく動画で説明してありますので、是非ご覧ください。

 

 

息切れ・動悸の原因と緊急性

1. 診断のための自己チェックポイント
2. 原因となる病気にはどんなものがあるか?
3. すぐ病院を受診するべき危険性・緊急性のあるもの

まず初めに症状の自己チェックポイントです。これは診断をつけるために病院で先生に聞かれるポイントです。受診前に自分でチェックしてみることで診断がつきやすくなります。次に原因ですが、動悸・息切れの原因となる病気は沢山あります。なかでも多い原因は心臓と肺の病気ですので、そこを中心に原因疾患について解説してあります。そして最後にすぐに病院を受診したほうが良い危険性・緊急性のある場合の特徴について説明してあります。思い当たるような症状のある方はぜひチェックしてみて下さい。

  • 原因

    不整脈はこれといった原因がなくても起こるケースの方が多いのですが、一部の場合は高血圧を放置して心臓に負担がかかっていたり、心臓弁膜症・心筋症・甲状腺や副腎のホルモン異常・自律神経の異常が原因となることもあります。

  • 悪化した場合・合併症

    重篤な不整脈の可能性があるのは、持続する動悸・胸痛、めまい・失神・息切れ等が伴う場合です。脳梗塞や突然死等の大事に至る可能性があります。

  • 治療法

    血圧のコントロール、原因となる病気の治療、生活習慣の改善、ストレスからの解放が治療の基本です。治療の必要性がある不整脈の場合は薬物療法を行い、場合によってはペースメーカーの装着が必要になることもあります。

慢性心不全

心不全とはどんな病気?

心不全ときくと、一般的には心臓発作?突然心臓が止まってしまうこと? と思う方が多いのではないでしょうか。心不全という病気はわかりやすく説明すると「心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。」と定義されています。(日本循環器学会・心不全学会)つまり心不全とは、急激に心臓が悪くなる急性心不全という病気よりも、徐々に心臓の働きが悪くなる慢性的な心臓病を意味することのほうが多いのです。日本人の死因の中で一番多いのが癌で、2番目に多いのが循環器疾患(2020年7月現在)ですが、循環器疾患の中で心筋梗塞は減ってきている一方で、心不全は毎年増え続けて、2020年現在、20年間で約2倍に増えています。(厚生労働省が毎年発表している人口動態統計より)しかし、癌に比べると心不全という病気の怖さについてはあまり知られていないのが現状です。実は心不全で入院したことのある人は平均で 5 年間に約半数(50%)の方が亡くなっています。これは肺がんよりは良好ですが、大腸がんとほぼ同等、前立腺がんや乳がんよりは不良なのです。心不全患者さんが増加している現状は「心不全パンデミック」といわれ、その対策の必要性が社会問題にもなっています。

心不全の原因は? どうやって予防するか?

心臓が悪くなる病気は全て心不全の原因となり得ます。すわなち、心筋梗塞や狭心症、心臓弁膜症、不整脈、心筋症、高血圧症などすべての病気が進行すると心不全になる可能性があるのです。

さらにこのような心臓の病気をおこす原因は何か?まで突き詰めると、心筋梗塞や狭心症をはじめとした多くの心臓病の原因は、高血圧症、糖尿病、タバコなどの生活習慣病なのです。もちろん生活習慣と無関係におこってしまう心臓の病気もありますが、多くは生活習慣病が大元の原因になっています。したがって自分でできる心不全の予防が何か?といえば食生活や運動習慣などの生活習慣の改善ということになるのです。

 

心不全の症状

まず心不全の様々な症状を系統的に理解しやすくするために、心臓の構造と血液の流れから説明していきます。

全身から帰ってきた血液は右側の心臓のお部屋、右心に入り、そこから肺へ送り出され、 血液中の二酸化炭素を放出して、酸素を取り込み、きれいになった血液が左側の心臓のお部屋左心へ入り、再び全身へ送り出されます。
心臓のポンプとしての働きが弱くなると、ポンプである心臓の手前に血液がうっ滞する「うっ血」という現象と、心臓から全身へ送り出される血流が低下する「低心拍出状態」という二つの現象がおこります。
心不全の症状はすべてこの二つの現象に起因します。
左心の上流、つまり肺にうっ血がおきると、動いた時の息切れ、動悸、呼吸の苦しさ、あるいは胸の痛みなどが出現します。右心の上流、つまり全身にうっ血がおきると、足の浮腫みや腹部膨満感、食欲不振、浮腫による体重増加などがおこります。低心拍出量状態に基づく症状としては、疲れやすい、だるい、尿がでにくい(腎臓の血流が悪くなることが理由です。)、夜間多尿、手足が冷たい、意識障害、などの症状があらわれます。これらは低心拍出量症候群と呼ばれる症状です。このように心不全では様々な症状が起こります。ただし、このような症状が全部一律に起こるわけではありません。症状の出方は心不全のタイプや重症度によって変わってきます。心不全でまず最初に出現しやすい症状は、体を動かした時におこる息切れ、動悸、胸が苦しい症状。そして足の浮腫みなどです。また、浮腫みによって急に体重が増えてきたときも要注意です。さらに心不全が悪化してくると、夜横になって寝ているときに咳が出たり呼吸が苦しくなったり、身の回りのことをするだけでも息切れがするようになります。

悪化させない心不全管理

心不全を悪化させないで管理することは、慢性心不全、心筋梗塞、心房細動、弁膜症、心筋症などの心臓病で通院されている患者さんの日常管理でとても大事なことです。慢性心不全は急激に悪化する急性増悪という状態を繰り返しながら、徐々に悪化していきます。大きく状態が悪化した後は、飲み薬の調整や入院加療で状態は改善しますが、心臓の力としては徐々に弱っていきますので、とにかく日常で心不全を悪化させないことがとても大事なのです。

では具体的にどうすればよいのでしょうか?
まず心不全が悪化したときの症状をしっかり知っておくことです。それはうっ血の症状であり、次の5つが代表的な症状です。①体を動かしたときの息切れ、②浮腫み、③横になって寝ているときの呼吸困難、④体重増加、⑤安静時の呼吸困難
つまりこの5つの症状が起きないように注意をすればよいのです。
ではこのうっ血の症状が悪化する原因は何でしょうか?
多い原因を5つ挙げると、①塩分・水分の摂りすぎ、②感染症(かぜや肺炎をきっかけに悪化)、③過労、④薬の飲み忘れ、⑤不整脈となります。この中で圧倒的に多いのが塩分や水分の摂り過ぎです。塩分の理想的な量は1日6gです。塩分がしっかり制限できていれば、水分は厳密に制限する必要のないことがほとんどです。ただし重度の心不全の場合は水分もしっかり管理する必要があります。どのくらいの制限が適切なのかは病状によって異なりますので主治医の先生に個別に相談する必要があります。また、過労を避ける、薬を飲み忘れないこともとても大事な点です。かぜを中心とした感染をきっかけに心不全が悪化することも多いです。熱や咳が長引くときは早めの病院受診が大事です。また、不整脈が増えると心不全が悪化しやすいことも覚えておきましょう。
このうっ血症状の悪化を防ぐ、いち早く悪化に気付くためにとても大切なことがあります。それが自宅での血圧、脈拍、体重の定期測定と記録です。急に体重が増えてきたとき心不全増悪のサインであることが多いです。特に塩分や水分を取りすぎていると体重が急に増加します。血圧が高すぎると心不全は容易に悪化します。また、脈拍を定期的に記録しているといつもより脈が速い、或いは遅い、血圧計で不整脈のマークが多くでるなどで、気づくことができます。血圧手帳を定期的に記録して、うっ血の原因となる五つの原因に気を付けて生活することで心不全の悪化を予防することができます。

  • 原因

    虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)、心筋症、心臓弁膜症等のほか、高血圧を長く放置することも心不全の原因となります。慢性心不全の場合、自己判断による服薬の中断や塩分・水分過多で急性増悪を起こすことがあります。

  • 治療法

    食事・運動・喫煙等の生活習慣の改善や薬物療法が基本です。どんな原因の慢性心不全でも、自宅での定期血圧測定、体重測定を行い、適切な値に保つことが増悪予防に大切です。

心臓弁膜症

心臓では弁が開閉して血液を一方向に流していますが、弁の開きが悪くなったりきちんと閉じなくなったりする病気を心臓弁膜症と言います。

  • 原因

    高血圧・動脈硬化・加齢が主な原因です。生まれつき弁に異常がある場合もあります。

  • 悪化した場合・合併症

    息切れを生じやすくなり、進行すれば心不全になる可能性があります。

  • 治療法

    高血圧や心不全に対する薬物療法を行います。重篤な場合は手術(人工弁、弁の形成術)が必要です。

拡張型心筋症・肥大型心筋症

心筋症は、心筋に変化が起こり心臓の機能が低下する病気です。心室の中が大きくなり心筋が薄くなる拡張型心筋症や、心筋が厚くなる肥大型心筋症等があります。

  • 原因

    心筋症の原因は、遺伝性・ウイルス感染・膠原病など様々です。原因不明の場合も珍しくありません。

  • 悪化した場合・合併症

    進行すれば心不全となり、突然死のリスクもあります。

  • 治療法

    心不全に対する薬物療法が基本であり、生活習慣の指導等も行います。心筋症は急激な病状変化をきたしやすいため、専門医によるきめ細かい外来管理が重要です。必要に応じてペースメーカーの装着や外科的治療を行うこともあります。

大学病院・地域の基幹病院との連携

当院では責任をもって日常管理を引き受け、再び大きな検査や入院加療が必要な際には適切な医療機関にご紹介致します。院長は毎週木曜日午後に、町田市民病院で循環器専門外来を担当しております。

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

WEB問診
  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール