生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは、食生活・運動習慣・喫煙等の生活習慣が発症や進行に大きくかかわる病気のことです。

生活習慣病の怖いところは、進行するまで自覚症状がほとんどないことです。気づかないまま放置してしまうと、動脈硬化が進行し、狭心症・心筋梗塞・心不全・慢性腎臓病・脳卒中等の重篤な病気の発症につながります。

命に関わる、あるいは人生を狂わせるような病気になった人のなかでも、もっと早くから予防・治療をしていれば重い症状を防げたであろうという方は山ほどいます。特に私はこれまで心臓疾患の治療経験から、生活習慣病の発症予防と管理の重要性を痛感してきました。

当院では適切な生活指導の上、個々にあわせた薬物治療を行います。また、院内で動脈硬化検査(四肢血圧・脈波測定や頸動脈エコー)や心臓超音波検査も施行できます。お気軽にご相談下さい。

こんな症状ありませんか?

ほんのわずかな症状から生活習慣病を発見できることもあります。

  • 高血圧症の場合は…

    • 疲れやすい
    • 頭痛
  • 糖尿病の場合は…

    • 喉が乾きやすい
    • 排尿の回数が多い

このほか、むくみも生活習慣病によくある症状です。

代表的な生活習慣病

  • 高血圧症
  • 2型糖尿病
  • 脂質異常症
  • 肥満
  • メタボリックシンドローム
  • 高尿酸血症

生活習慣病になる原因

  • 食生活の乱れ(食べ過ぎ、バランスの悪さ)
  • 運動不足
  • ストレス
  • 喫煙 等

生活習慣病の治療方法

治療は生活習慣の改善が第一です。食生活は、年齢・性別に応じて適切なカロリーを守り、メニューは野菜を中心にして油ものは控える等、バランスの改善が必要です。運動はウォーキングやジョギング等、毎日の生活に無理なく組み込み継続できるものに取り組むよう指導いたします。

大学病院・地域の基幹病院との連携

大きな検査や入院加療が必要な際には適切な医療機関にご紹介致します。

糖尿病

糖尿病とはどんな病気?

糖尿病とは血液中の血糖値高くなる病気です。文字通り血糖値が高くなると、尿の中に糖分がでてくるから糖尿病というのです。では糖尿病になると何が悪いのでしょうか?どんな症状があるのでしょうか?

糖尿病は尿の中に糖分が出るから悪いのではないのです。血糖値が高いことによって血管や神経が障害を受けて、長年放置することで重大な病気(合併症)を引き起こしてしまうから怖いのです。

そして一番知っておかなければならないことは、糖尿病はよほど悪化しない限り自覚症状が全くないことなのです。健康診断などの採血で血糖値やHbA1Cという数値を調べないと状態がわからないのです。

血糖値がよほど高くなると、口渇・多飲・多尿・体重減少などがおこりますが、全く症状がない状態でも血糖値が高い状態を放置しておくと、血管や神経の障害、合併症は進行していきます。

合併症には三大合併症とわいれる、体の中の細い血管が障害を受けることで起こる糖尿病性神経症、糖尿病性網膜症、 糖尿病性腎症が代表的です。これらの合併症は糖尿病になってすぐ起こるのではなく、糖尿病が悪い状態で5~10年経過すると出現してきます。

また、比較的大きな血管、大血管合併症には脳血管障害、狭心症・心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症などがあります。これらは糖尿病以外にも高血圧や脂質異常病、たばこなどの影響も強く受けますので、比較的糖尿病が初期の段階でも起こることがあります。

さらには様々な感染症を起こしやすくなったり、多くの合併症が重なることで足が壊疽を起こしてしまうこともあります。

糖尿病とはこのように症状がないうちに進行し、取り返しのつかない病気を引き起こすから怖いのです。そうならないためにも定期的に健診・採血を受けて、糖尿病の指摘があった場合には放置しないで、しっかり管理と治療をするようにしましょう。

糖尿病は何故なるのか?糖尿病の病型分類

ここでは糖尿病になる理由、二つの糖尿病のタイプについて説明します。

まず血糖値についての説明からです。
食物から吸収された糖分は血液中にブドウ糖として存在します。これが血糖です。血糖はからだにとって大切なエネルギーであり、細胞が血液中から糖分を取り込んで利用するわけです。

このブドウ糖を血液から全身の体の細胞に取り込ませるホルモンが、膵臓からでてくるインスリンというホルモンなのです。

つまり、インスリンは血液中のブドウ糖を細胞に取り込ませてエネルギーとして利用するために必要なホルモンで、インスリンが働いた結果として血糖値が下がることになります。

糖尿病というのは
① インスリンの分泌が悪い(膵臓から分泌されない)
② インスリンの効きが悪い(細胞での効き目が悪い)
という二つの理由で起こります。

ではその大元の原因ですが、1. 食べ過ぎ 2. 運動不足 3. 肥満 4. 遺伝
この4つが大きな原因です。まれにウイルス感染などがきっかけで急激に糖尿病が進行することもありますが、ほとんどが食べ過ぎ、運動不足、肥満によるものです。

次に糖尿病の2つのタイプについて説明します。
まずは2型糖尿病。
これはインスリン分泌不全とインスリン抵抗性による糖尿病で、食べ過ぎや運動不足に加えて遺伝的な要因も発症にかかわってきます。すい臓はインスリンを作り出しますが、2型糖尿病では、その量が十分ではないか、作られたインスリンが十分効かない糖尿病です。以前は「インスリン非依存型糖尿病」と呼ばれていました。2型糖尿病は最も一般的な糖尿病で、10人に9人以上はこのタイプです。薬は一般的にまず内服薬を使用しますが、内服で不十分な場合はインスリン注射が必要になります。
つぎに1型糖尿病。
これはインスリン欠乏による糖尿病です。すい臓がインスリンをほとんど、または全く作ることができません。糖尿病の患者さんのうち、1型糖尿病は10人に1人以下です。
若い方の糖尿病もは1型糖尿病が多いですが、年齢に関係なく発症が見られます。
ほとんどの糖尿病は適切な食事や運動習慣で予防できます。

美味しいものが多い秋ですが、食べ過ぎや運動習慣に気を付けて、適切な体重を保ち、糖尿病を予防するようにしましょう。

糖尿病の食事療法

1)食事の回数と時間について

食事は基本3食にわけて摂りましょう。1回食事を抜くと、次の食事で血糖値が上がりやすくなるからです。3回に分けることによって食後の血糖値が上がりにくくなります。食事量のバランスは、なるべく朝食を多めに摂り、昼食は平均的、夕食を少なくすると1日の摂取カロリーは同じでも体重が減りやすいと言われています 。また食事パターンが朝方になると食欲が抑えられ 脂肪燃焼量が増加し 、食事パターンが夜型になると 、脂肪代謝が悪くなり 肥満になりやすいことも報告されています。夕食はなるべく早い時間に軽めに食べるようにして、なるべく寝る前3時間は食べるのを控えましょう 。

2)カロリー制限と糖質制限について

糖尿病の食事療法はここれまで一人ひとりに適切なカロリーを設定し 、糖尿病の食事療法のための 食品交換表を使ってカロリー計算を行って、炭水化物、タンパク質、 脂質をバランスよく摂取するのが基本とされていました 。しかし最近は糖質制限を重視する考え方も 一般的になっています 。基本的にはどちらでもしっかり食事療法を実践できれば糖尿病の状態は良くなります 。糖質を全く摂らない糖質制限もありますが 。続けるのが難しい人が多く、 長期的な体への影響はまだ見解が定まっておりません 。 一般的にはゆるやかな糖質制限が行いやすい食事療法かもしれません。
糖質とは炭水化物のことです 。炭水化物は消化吸収されると体の中に糖分になります 。具体的には ご飯、パン、イモ類、穀類ですね 。また砂糖が含まれる甘いもの、ジュース、炭酸飲料などもを減らす、可能ならばやめる方が良いです 。具体的にはご飯やパンなどの主食を半分に減らす方法が良いでしょう。

3)食事内容について

まず、海藻類やキノコ類を多く食べましょう。これらの食物繊維は 血糖値を下げる効果があるからです 。次に野菜や肉魚を先に食べ、炭水化物を後から食べるようにしましょう。それによって血糖値が上がりにくくなります 。飲み物は水やお茶を中心にしましょう。清涼飲料水やスポーツドリンクには大量の糖分が含まれています 。牛乳も1日コップ1杯までが良いでしょう 。お酒は血糖のコントロールが良ければ少量はOKです。ビールなら350 ml1本、日本酒なら1合、ワインならグラス2杯程度が目安で、週2~3回にできるとなお良いと思います。また、可能な限り高度に加工された食品よりも 自然食品を 選ぶようにしてください 。高度に加工された食品とは 糖分や脂肪、塩分を多く含む加工済みの食品のことです 。具体的には菓子パン、ピザ、ケーキ、クッキー、ドーナツ、チキンナゲット、アイスクリームなどです 。こうした食品を食べ過ぎていると糖尿病や肥満だけでなく高血圧、 脂質異常症、心臓病 、癌などさまざまな病気が起こることを示した研究が増えています 。

糖尿病の食事療法は長く続けられるものを無理なく行うことが大事なポイントです 。カロリー制限、糖質制限、どちらでも自分に合ったやり方を選べば良いと思います 。

まずは自分に出来ることから始めてみて 、主治医の先生と相談しながら少しずつ食生活を改善して行くのが良いでしょう。

糖尿病の運動療法

運動は糖尿病治療の一角を占めるとても大事なものなのです。
運動療法は以下のような効果があります。
 ・血糖や脂肪を燃焼させ、血糖値が下がる。
 ・長期の効果としてインスリン抵抗性が改善する。
 ・筋力を維持し、体力低下や骨粗鬆症の予防になる
 ・血圧や脂質異常の改善になる。
 ・認知症の予防になる
 ・ストレスやうつ状態の改善になる

次に運動療法の種類ですが、
① 有酸素運動: 歩行やジョギング、水泳などの全身運動
②レジスタンス運動:腹筋、ダンベル、スクワット、腕立て伏せなどの筋力をつける運動
の2種類に分けられます。
ちなみに水中歩行は有酸素運動とレジスタンス運動がミックスされた運動であり、膝への負担もかからないことから、肥満を合併した糖尿病患者さんや膝が痛くて歩くのが難しい方にはとても有効といわれています。
次にそれぞれの運動への取り組み方です。
①有酸素運動
・中強度(中くらいの強さの運動)を週に合計150分以上、週に3回以上
中強度とは、運動時の心拍数が50歳未満で100~120拍/分、50歳以降で100拍/分以内くらいと言われています。
・歩行であれば1回15-30分、1日2回、1日1万歩程度、週3回以上が理想です。
②レジスタンス運動
・週に2-3回(2日連続しないように)。数種目のレジスタンス運動を1種目につき、10~15回を1セットとして1~3セット繰り返すことが勧められています。

また、3つ目の運動として高齢者の糖尿病患者さんに推奨されるバランス運動というものがあります。
具体的には片足立ち、ステップ練習、体幹のバランス運動などです。これはサルコぺニア(筋力低下による体力の低下)予防に有効で、特に片足立ち運動がおすすめです。片足を5㎝くらい浮かして、片足で立つ運動を左右1分づづ、1日3回くらい行うと筋力低下防止になります。

さて、実際に運動をしましょうと言っても、時間が取れない、膝が痛い、腰が痛いなど、様々な理由で実践できないという方が多いのではないでしょうか?
大事なことは自分の日常生活や体力に合わせて、とにかくできることをやってみることです。
例えば毎日通勤をされている方であれば駅を一つ手前で降りて歩く、毎日買い物に出かける方であれば、少し遠めのお店まで歩いていくなど、強制的に歩かなければいけないルールを作る。エレベーターは使わずになるべく階段を使うなどもお勧めです。
 筋力に自信のない方であれば、椅子へ座る、立ち上がる動作繰り返す運動だけでも筋力維持に役立ちます。また、膝の痛い方であれば椅子に座って膝をゆっくり曲げ伸ばしする運動もなども良いでしょう。

とにかく自分にできる運動を小さなことでも良いので始めて見て、習慣になるまで継続することです。始めた運動で血糖値が下がった、筋力がついた、体調が良い、など少しでも良い効果が現れれば、そこからさらに新しい運動への意欲が湧いてくると思います。
是非、何か一つでも良いので習慣として毎日の生活に組み入れてみて下さい。

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

WEB問診
  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール