クリニック紹介

診療理念

1. 患者さまとの出会いとつながりを大切にして、お互いが笑顔になれる診察を心がけます

患者さまが安心して通院し、健康管理を任せられるのは、どんなクリニックでしょうか?

私は、その基盤は「お互いの理解と信頼関係」にあると考えます。例えば、高血圧と心臓病の患者さまが来院されたとします。私たち医師は、データさえ見れば医学的に正しい薬と治療方針を決めることはできるでしょう。

しかし、一人ひとりの生活背景から、ご家族との関係や仕事の内容、さらにはご本人が何に困っていて、何を目標にした治療を行いたいのかという点を医師が理解しなければ、その方にとっての「最善の医療」を提供することはできません。

そのためには、まずは患者さまと医師が、お互いに心を開いて話せる関係であることが欠かせません。私たちは、患者さま一人ひとりとの出会いとつながりを大切にしたいと思っています。

患者さまがご自身の病気のことだけでなく、日々の出来事やご家族のことを話してくださると、私達も様々なことに気づき、診療方針に生かすことができます。また患者さまとのコミュニケーションは、私たちの日々の診療に対するモチベーションでもあるのです。

2. 丁寧に診察し、責任をもって健康・疾病管理を引きうけたうえで、患者さまとともに歩む医療を目指します

私たちは、患者さまの訴えにしっかりと耳を傾け、丁寧に診察し、責任をもって健康管理と疾病管理をお引き受けします。

しかし、健康管理や適切な病気の管理は、医師任せにする、薬を飲むだけ、といったことでは決して成り立ちません。多くの病気は、患者さまご自身が病気を理解し、自分の体について考え、いたわり、自分に合った生活習慣をつくりださなければ、根本的には解決しないのです。

とりわけ生活習慣病(高血圧症・脂質異常症・糖尿病等)、慢性心不全、慢性閉塞性肺疾患等は、食事や運動・禁煙等の自己管理の指導が、治療の中でも非常に大きな割合を占めています。

私たちは疾患に合わせた食事療法・運動療法・生活指導を日々の診療や勉強会を通じてお伝えし、患者さまとともに歩む医療を心がけております。

3. 常に学ぶ姿勢を持ち続け、患者さま一人ひとりにあわせた最善の医療を提供致します

医療は常に進歩しており、発展途上にあります。ときには考え方や治療方針そのものが変わってしまうこともあります。

例えば、β遮断薬という薬はかつて、心不全には使ってはいけない禁忌薬とされていましたが、現在では少量から徐々に増量することで、心臓の動きが改善することが解明され、慢性心不全の薬物治療に欠かせないお薬のひとつとなっています。

今は正しい医療でも、数年後には時代遅れになってしまうことは多々あります。私たちが常に学ぶ姿勢を持ち続け、最新の情報を得ることで、患者さま一人ひとりにあわせた最善の医療を提供することができると考えております。

当院の5特徴

地域に根ざした、受け継がれる診療スタイル

ご自身やご家族のお体のことについて、どんな症状でも、些細な疑問でも遠慮なくご相談ください。患者さまの話をよく聴いて、丁寧に診る。それが私たちが昭和46年のに開院以来、一貫して守り続けてきたスタイルです。分かりやすい言葉で納得できるまで病状と治療方針を説明いたします。一番身近なホームドクターとして、責任を持って健康管理を引き受けます。

専門性の高い循環器診療

動悸や息切れ、胸の痛みなどの症状の場合、スピーディーに専門性の高い検査や治療が受けられます。

健康診断で高血圧や脂質異常症を指摘された場合は、一人ひとりの生活習慣にあわせたアドバイスと、ご自身の希望も踏まえた治療方針について相談ができます。

心不全・不整脈・狭心症・心筋梗塞などの循環器疾患は病状の変化に応じて、迅速な薬の調整や治療の変更が必要になる分野です。当院では患者さまの生活習慣や病状にあわせたきめ細かい管理を行っております。これまで大きな病院で治療を受けてこられた患者さまも、安心して通院していただくことが可能です。

複数医師・女性医師による診療

当院には女性医師を含む複数の医師が在籍します。男性の医師では抵抗のある方でも、抵抗なく来院することができます。
相談事や病状によって、診察日ごとに希望医師を指定できますので遠慮なくお申し出ください。

木の香り漂う、一味違った院内空間

院内に一歩足を踏み入れると、クリニックとは思えない印象を受けるのではないでしょうか?
チーク無垢材のフローリングを敷き、木の暖かみを大切にした待合室はクリニックとしては異色のリラックス空間です。また、待合室にはグランドピアノが置かれ、定期的に開催しているプロの演奏家によるクラシックコンサートには無料でご参加いただけます。

時間予約・当日順番予約の並列システム

前日までの事前予約では時間指定の予約、当日の予約は順番予約のシステムを採用しております。診察順番が近づいたら携帯電話でお知らせをして、混雑時には診察時間まで院外で過ごしていただくことも可能です。

院長あいさつ

ここでは皆様が多くのクリニックの中で当院を選んで通院していただくメリットについてお話させてもらいます。
「しながわ内科・循環器クリニック」は私の祖父である初代院長・品川利郎が昭和46年に立院し、以後多くの皆様にホームドクターとしてご支持をいただいてきました。

当院はしっかりお話を聴いて丁寧に診察することを基本モットーとしています。これまで自分のお体の悩みや困っていることを理解してもらえない、本当に聞いてもらいたいことをなかなか話せない、専門外のことは全く聴いてもらえない、などの悩みを持ったことはございませんか? 当院では皆様の希望や一番困っていることをしっかりとお聴きしますので、安心して受診していただけます。

大学病院や地域の大きな病院の循環器科におかかりの患者様。「担当医師が頻繁に変わる」「自宅から遠い」「待ち時間が長い」「複数の診療科にかかっているが1人の先生にみてもらいたい」「小さなクリニックではちゃんと心臓を診てもらえるのか心配」そんなお悩みはないですか?小さなことでも何でも相談できる長くつきあえるホームドクターをお探しではないですか?循環器の専門医として安心して健康管理をまかせられる、定期的な心臓の検査もしっかり受けられる、専門外の内科もしっかり診てもらえる。そんな担当医として当院をお選びいただくことができます。

呼吸器疾患・内科疾患・生活習慣病等についても、地域のホームドクターとして幅広く診療を行っております。患者さま一人ひとりとの出会いを大切にし、健康管理をお任せいただけるクリニックを目指してスタッフ一同努力してまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。

院長 品川 弥人

院長紹介

資格

医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器内科専門医

学歴

東京都立町田高等学校(1992年卒)
北里大学医学部(2000年卒)
北里大学大学院医療系研究科(2006年卒)

職歴

2000~2002年 北里大学病院内科
2002~2003年、2008~2010年(出向) 沼津市立病院循環器内科
2003~2004年(出向) 竹田綜合病院循環器内科
2006年~2015年 北里大学医学部循環器内科学教室・助教
2012年~2014年(留学) University of Würzburg Comprehensive Heart Failure Center
2015年~ しながわ内科・循環器クリニック

主な論文

  • Increased Serum Bilirubin Levels Coincident With Heart Failujre Decompensation Indicate the Need for Intravenous Inotropic Agents. Int Heart J. 2007;48(2):195-204.
  • Prognostic Significance of Increased Serum Bilirubin Levels Coincident with Cardiac Decompensation in Chronic Heart Failure Circ J. 2008 Mar;72(3):364-9.
  • Acute DNase1 treatment improves left ventricular remodeling after myocardial infarction by disruption of free chromatin. Basic Res Cardiol. 2015;110(2):472.

症例報告

  • 左室ペーシングの併用により術後心不全を脱却し、遠隔期には著明な心機能改善が得られた2弁置換術の1治験例 呼吸と循環 2005;53(10):1087-1091.
  • エポプロステノール導入にてショック状態から容易に離脱しえた慢性肺血栓塞栓症の1例 Therapeutic Research 2005;26(10):1992-1993.
  • 18年の経過で死亡した慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の1剖検例 Therapeutic Research 2008;29(10): 1734-1736.
  • 上腸間膜動脈の細菌性動脈瘤破裂に対し、コイル塞栓術が有効であった感染性心内膜炎の1例 心臓2009;41(3):313-318.
  • 水利尿薬トルバプタンの追加投与で低Na血症と低心拍出量状態から脱し、独歩退院と在宅療法が可能となった難治性心不全の1例 呼吸と循環 2011;59(11):1145-1152.
  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の急性期予後予測因子の検討 -造影CT・肺血流シンチ所見のミスマッチ- Therapeutic Research 2011;32(10):1237-1240.

教科書

  • 急性心筋炎に伴う心不全 『新・心臓病診療プラクティス(6)心不全に挑む・患者を救う』筒井裕之・吉川純一・松崎益徳 編、文光堂、2005年
  • 慢性心不全の診断-診断. 新しい診断と治療のABC 33 慢性心不全 堀 正二 編、最新医学社、2005年
  • 急性・劇症型心筋炎の新しい診断・治療ガイドライン 『Annual Review 2006 循環器』 矢崎義雄・山口 徹・高本眞一・中澤 誠 編、中外医学社、2006年
  • 心筋炎 『循環器疾患最新の治療2006-2007』 山口 徹・堀 正二 編、 南江堂、2007年
  • 心筋炎 『臨床心臓病学』 松崎益德・吉川純一 編、文光堂、2007年
  • 疫学と生命予後を識る 『新・心臓病プラクティス (10)心筋症を識る・診る・治す』 文光堂、2007年
  • 拡張型心筋症 『循環器疾患 最新の治療2008-2009』堀 正二、永井良三 編、南江堂、2008年
  • 左心不全、右心不全の診断と治療 『循環器系コア・カリキュラムテキスト』 文光堂、2008年
  • 疾患モデルの作成と利用:循環器疾患:心筋炎モデル 『モデル動物利用マニュアル』 エル・アール・シー、2010年
  • 難治性心不全の病態と診断 『心臓移植』 布田伸一 福嶌教偉 編、シュプリンガージャパン、2011年
  • 侵襲的血行動態モニタリング(動脈ライン、スワン・ガンツカテーテル)
    『これだけは知っておきたい 循環管理』 -研修医からの質問323- 山科 章 編、2016年

総論

  • 「心不全:最新の診断と治療:強心薬の使い方」『診断と治療』2005年
  • 「慢性心不全:輸液療法の再評価-日常治療として」『綜合臨床』 2005年
  • 「欧米におけるコホート研究」『心不全(上)最新の基礎・研究の進歩- Nippon Rinsho』 2007年
  • 「心不全治療薬概論 Ca2+感受性強心薬」『心不全(下)最新の基礎・研究の進歩- Nippon Rinsho』2007年
  • 「心不全予防-その最前線を探る:併発した多臓器障害を考慮した予防的介入を探る:肝不全」『内科』2007年
  • 「2006年心不全の進歩」『循環器専門医』2007年
  • 拡張型心筋症をめぐる最新の話題:特集:かかりつけ医が診る心不全『クリニカル プラクティス』2007年
  • 「心不全:心不全治療が睡眠時無呼吸に及ぼす影響」『睡眠医療』 2008年
  • 心筋リモデリングからみた収縮不全と拡張不全の相違 『CARDIAC PRACTICE』 2009年
  • 診療ガイドラインを読む:急性および慢性心筋炎の診断・治療に関するガイドライン(2009年改訂版)の概要 『RAJ Journal』 2010年
  • 慢性心不全の予防と早期診断 『日本医師会雑誌』 2011年
  • 急性心筋炎:胸痛の鑑別とその治療方針を知る 『Heart View』 2011年
  • トルバプタンの追加投与により安定した血行動態のもとにうっ血の解除が可能であった重症肺性心と大動脈弁狭窄症の合併心不全の一例 『Fluid Management Renaissance』 2011年
  • 急性心不全への挑戦; 診断・病態把握; 侵襲的評価 『Medicina』 2012年
  • Cellular immunity and cardiac remodeling after myocardial infarction: role of neutrophils, monocytes and macrophages. Curr Heart Fail Rep. 2015 Feb 28

医師紹介

医師 品川 直介

学歴
  • 聖マリアンナ医科大学医学部
職歴
  • 聖マリアンナ医科大学病院内科
  • 一般財団法人 仁和会総合病院内科
  • 品川医院

医師 佐藤 弥生 

ごあいさつ

2018年4月から常勤で勤務することになりました佐藤弥生です。私も町田の山崎町で生まれ育ちました。大学では手術中の全身管理やペインクリニック外来で痛みの治療を行ってきました。当院ではブロックは行いませんが薬物療法による専門的な痛み治療を行わせていただきます。また、必要があれば大学病院のペインクリニックへの紹介も行っています。どんな小さなことでも遠慮なくお話して頂けるような診察を心がけて参りますのでどうぞよろしくお願い致します。

資格
  • 麻酔科専門医
学歴
  • 東京都立芸術高校
  • 桐朋学園音楽学部演奏学科
  • 桐朋学園音楽学部研究科
  • 聖マリアンナ医科大学医学部
職歴
  • 聖マリアンナ医科大学病院麻酔科
  • 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院

医師 品川 直介

学歴
聖マリアンナ医科大学(1983年卒)
職歴
聖マリアンナ医科大学病院内科
一般財団法人 仁和会総合病院内科
品川医院

医師 ※妹さんお名前が入ります。

学歴
聖マリアンナ医科大学(1983年卒) ※妹さんの学歴が入ります。
職歴
聖マリアンナ医科大学病院内科 ※妹さんの学歴が入ります。
一般財団法人 仁和会総合病院内科 ※妹さんの学歴が入ります。
品川医院 ※妹さんの学歴が入ります。

医師 加藤 彩美(非常勤)

専門
  • 循環器内科
所属
  • 北里大学病院循環器内科

医院紹介・アクセス・診療時間

医院名 医療法人社団仁悠会
しながわ内科・循環器クリニック
診療科目 一般内科疾患・循環器疾患・呼吸器疾患・漢方診療・健診・予防接種・在宅診療
所在地 〒195-0074
東京都町田市山崎町333-1
最寄り駅 JR横浜線・小田急小田原線
町田駅より
神奈川中央交通バス
①下山崎行 山崎高校入口停留所下車、徒歩2分
②山崎団地行 北二号停留所下車 徒歩6分
駐車場 11台

受付時間日・祝
8:30~12:30
14:30~18:30

※木曜・日曜・祝日。土曜は午後休診。

診療担当医表

 

午前
8:30~12:30

品川弥人
品川直介
佐藤弥生

品川弥人
品川直介
品川弥人
佐藤弥生
休診 品川弥人
佐藤弥生
品川弥人
品川直介
佐藤弥生
午後
14:30~18:30
品川弥人
佐藤弥生
品川弥人
品川直介
品川直介
佐藤弥生
加藤彩美
休診 品川弥人
品川直介
佐藤弥生
休診

※木曜・日曜・祝日。土曜は午後休診。

【循環器内科専門医】品川弥人 【麻酔科専門医】佐藤弥生

 

連携医療機関

当院で施行できない検査が必要な場合や、高度先進医療が必要な患者さまには、適切なタイミングで適切な医療機関へご紹介致します。

主な連携病院

  • 北里大学病院
  • 町田市民病院
  • 町田病院
  • 多摩丘陵病院
  • 多摩南部地域病院
  • 相模野病院
  • 南町田病院
  • 聖マリアンナ医科大学病院
  • 昭和大学藤が丘病院
  • 日本医科大学多摩永山病院 等

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール