医院ブログ

2020.05.01更新

こんにちは。院長の品川弥人です。 最近胸の痛みや動悸で受診する患者様が増えています。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、仕事や家庭でのストレスや悩みから自律神経のバランスを崩し、心臓に影響している方が多い印象を受けます。心臓をはじめとしたすべての内臓は精神状態やストレスと密接な関係があるのです。今日は特に注意が必要な心臓の症状の特徴についてお話します。まず初めて動悸につていですが、胸がドキドキした後に気分が悪くなったり、胸が苦しくなったり、意識がぼーっとするような場合。胸痛については体を動かしたとき(早歩きをしたり、階段を上ったり、重いものを持ったりしたとき)に胸全体が締め付けられるような圧迫感を感じる場合。この2点は特に注意が必要です。危険な不整脈や心臓の血管が動脈硬化で詰まりかけている心筋梗塞の前兆のことがあります。さらには発熱・風邪症状がある場合に、息苦しくなったり、胸が痛くなったり、今までなかった脈が飛ぶよう症状が出てきた場合も新型コロナウイルスの肺炎症状の可能性があるので注意が必要です。もしこのような内容に当てはまる場合は受診をおすすめします。まずお電話で相談していただいても良いですし、予約なしで直接受診することも可能です。心臓専門医による適切な診断とアドバイスが受けられます。多くの方がこのような症状で受診をされますが、ストレスによる心配のない症状が多いのも事実です。そのようは場合は人込みを避けて外に出て定期的に散歩をする、深呼吸をする、などの自律神経をリラックスさせるような習慣をお勧めします。不要な外出を自粛しないといけない時期はまだまだ続きそうですので、体調を崩さないような生活習慣を心掛けたいですね。危険な胸痛の特徴や動悸・不整脈をみる際のポイントについての動画も作成しておりますので是非、参考にして下さい。

胸痛、動悸の動画での説明はコチラ 

➡絶対に放置してはいけない危険な胸痛の特徴

➡息切れ・動悸・呼吸が苦しい ~原因は?緊急性はあるか?~

➡動悸・不整脈を自己診断

➡急性心筋梗塞の胸痛~狭心症との違い

200501

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2020.04.30更新

こんにちは。院長の品川弥人です。「内科開業医のための循環器診療プラクティス」が出版されました。本書は総合的な知識が求められる内科・循環器開業医のために、開業医の目線から書かれた新しいタイプの教科書です。日本の循環器医療を地域で支えることを目的に立ち上げられた「Japan Cardiology Clinic Network」のメンバーとして一部分担執筆をさせていただきました。当院の看護師にも分かりやすい!勉強になる!と評判です(^^)/

200430

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2020.02.02更新

こんにちは。院長の品川弥人です。本年最初の投稿になります。遅くなりましたが本年もよろしくお願いいたします。

さて、中国武漢市が発生源である新型コロナウイルスの感染拡大が連日報道されていますが、人から人への二次感染が拡大するにつれて国内のどの地域でも感染リスクはゼロではありません。正しい知識を持ち、予防に努めることが必要です。
ここで基本的な情報を簡潔に整理しておきましょう。

【新型コロナウイルスの基本情報】
・咳やくしゃみなどの飛沫から感染する。
・頻度の高い症状は咳、筋肉痛、だるさ、痰、頭痛など。
・潜伏期間(感染から症状が発症するまでの時間)は比較的長く1-2週間。
・予防は一般的な衛生対策と同じです。人込みでのマスクの着用、咳エチケット(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000187997.html)や手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。手や皮膚などの消毒には消毒用アルコール、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウムが有効。

・インフルエンザウイルスのように簡易検査や治療薬がない。

なお、通常の医療機関では感染の確定診断はできないため、武漢市への渡航歴がある、または感染者と接触があり発熱している方、呼吸器症状を有する方は所轄の保健所が受診医療機関を調整する方針となっています。

以上、基本的な情報を整理しましたが、新型コロナウイルスに限らず、全てのウイルスや細菌は自分の体力や免疫力が落ちているときほど感染しやすいのです。日ごろから休息や睡眠、栄養をしっかりとって体力維持に努めましょう。

【お問い合わせ先と関連情報】
 町田市保険予防課
電話:042-724-4239
FAX: 050-3161-8634

 厚生労働省の電話相談窓口
電話番号:03-3595-2285
(受付時間)午前9時から午後9時

 

日の出

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.11.29更新

こんにちは。院長の品川弥人です。第3回心不全病診連携懇話会が開催されました。

多くの病院医師、開業医師、看護師、薬剤師にお集まり頂き、とても有意義なグループディスカッションができたと思います。在宅を含む病診連携では多職種間のリアルタイムで、簡便な情報共有が今後の課題の1つのようです。

今後も地域のスムーズな医療連携を目的とした会を継続したいですね。

191129-1191127-2

 

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.09.16更新

こんにちは。院長の品川弥人です。9月の最初の連休、今年もクリニックチームで湘南国際リレーマラソンに参加してきました。

ことしは秋晴れの気持ち良い天気にめぐまれ、絶好のマラソン日和でした。

24時間、襷をつないで走り続けました。

普段一緒に仕事をするメンバーで一致団結して過ごす時間は最高です。

素晴らしい仲間達に感謝です!

マラソン1marason2

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.09.16更新

こんにちは。院長の品川弥人です。先日は練馬区の心不全医療連携の会で講演をさせていただきました。地域医療の現状と問題点は、その地域の人口動態、病院やクリニックの数や規模によって異なります。大事なことは地域毎にでできることを自分たちが率先して行っていくことだと思います。他の地域の先生達とのディスカッションはとても有益でした。

nerima

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.08.26更新

現在、ヒザの痛みや腰の痛み、帯状疱疹後の神経痛など、痛みを抱えている方は非常に多いと思います。

根本的な治療が可能な場合はそれによって痛みが楽になったりする事が期待できますが、手術の適応でなかったり、治療法のない痛みを抱えている方も多く、ペインクリニックにはそのような患者様が多く紹介されていらっしゃいます。

痛みは心とも密接な関係があり、精神的な事が多く関わっていることもあります。

さまざまな種類の内服薬や心理療法を組み合わせることで、痛みがゼロにならなくても、痛みが和らいで生活が楽になったり、楽しめる事が多くなったりする事が期待できます。

お困りの方はぜひ一度ご相談ください。

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.08.20更新

皆様こんにちは。院長の品川弥人です。

1週間お盆休みをいただきありがとうございました。毎日暑い日が続きますね~。

8月も下旬となりましたが、まだまだ体調管理に気を付けないといけない日が続きそうです。

さて、皆様夏休みってどんな思い出がありますか?子供の頃の家族との旅行って、とても楽しく、ワクワクするような思い出が残っています。

子供達にもそんな楽しい思い出を残してあげたいと思い、今年は両親と兄弟家族18名で伊豆の海へプチ団体旅行をしてきました。

5家族、子供は総勢8名。とってもにぎやかで楽しい旅になりました。子供はすぐ大きくなってしまうものです。

大人は大変でも、鮮やかな夏の思い出を残してあげたいですね。

sea

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.07.15更新

こんにちは。院長の品川弥人です。今日は海の日の連休ですが、梅雨が長びき雨の降る日が続きますね。ちょうど昨年の今日は夏らしい青空が広がり、家族で海水浴を楽しんでいたのを思い出しました。今年の夏の訪れはまだもう少し先になりそうですね。

 さて、今日は院内スタッフの研修会を紹介させていただこうかと思います。当院では毎月1回、休診日にスタッフミーティングや研修会を行っています。

スタッフミーティング

どうやったら患者様により良い医療が提供できるかについて話し合い、業務改善に取り組んでいます。先日は日本褒め言葉協会の藤崎徳朗先生をお招きして、お互いの長所を見て褒める、感謝を言葉で表すコミュニケーションの研修を行いました。

セミナー

カードで遊んでいるように見えますが、研修なんですよ(笑)。とても楽しくスッタフ同士の結束が強まった一日でした!こんな取り組みを通じて、しながわ内科・循環器クリニックのスタッフは少しでも皆様へより良い医療の提供ができるように成長を目指しています!

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.06.10更新

肩や首がパンパンに張って、痛みが強い時に筋肉や筋膜の緊張を取り除くトリガーポイント注射という治療法があります。

トリガーポイントという筋肉の慢性的な緊張によって血液循環が滞り、発痛物質が蓄積している部分に麻酔薬を注射することで,発痛物質が除去され,局所の血流が改善し,筋肉の緊張を和らげると考えられています。

マッサージや内服薬と組み合わせることでより効果が期待できます。

硬膜外ブロックなど体の深部に針を刺すブロックと比較して、安全に行えるのが特徴です。

ひどい肩こりや肩こりによる頭痛がある方などは、一度ご相談ください。

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

前へ 前へ

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

WEB問診
  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール