医院ブログ

2020.05.29更新

 こんにちは。院長の品川弥人です。このたびクリニックのYoutubeチャンネルを作成して動画配信を始めましたo(^▽^)o。

➡ しながわ内科・循環器クリニックチャンネルはこちら。 是非、チャンネル登録をお願いします!

まずは院長の挨拶動画からご覧いただけると嬉しいです(^^)

動画でお知らせしていますが、チャンネル登録で皆様がゲットできるお得な情報は3つです。

1)医療情報

2)クリニックからのお知らせ

3)エンターテイメント(オンラインコンサート)

楽しく、ためになる情報発信をしていこうと思いますので応援よろしくお願いします!

 

youtube

 

 

 

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2020.05.26更新

こんにちは。院長の品川弥人です。このたび、クリニックでオリジナルの血圧手帳を作成しました。

循環器専門医の立場からの血圧を定期測定する上でのアドバイス、目標血圧、記入項目やグラフまでこだわって作成しました(^^)/

院長の似顔絵イラストも入っています(笑)

かかりつけの患者様に無料でお配りしていますので、ぜひ手に取ってみてくださいね! ご希望の方は診察室や受付でお申し出下さい!

 

1st2nd3rd

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2020.05.16更新

こんにちは。院長の品川弥人です。皆様ご存知のお菓子メーカーのゴディバが、コロナウイルス感染症と戦う全国の病院の医療従事者へチョコレートを無償でプレゼントしてくれる企画4月から行っています。

このたび当院も応募抽選に当選し、たくさんのチョコレートとクッキーをいただきました! 

日々緊張感の中で頑張っているスタッフの中に笑顔と感謝の気持ちが溢れました。これからも応援してくれている方の思いを糧に頑張っていこうと思います。

ゴディバさん、暖かいプレゼンをありがとうございます(^^)。

200516godiva

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2020.05.10更新

こんにちは。院長の品川弥人です。

厚労省による新型コロナウイルス感染症に関する受診・相談の目安が変更になりました。これまでは「37.5℃以上の発熱が4日以上続く場合」という基準がありましたが、急激に症状が悪化する人がいることをふまえて、この基準が取り消されています。こちらが新しい受診・相談の目安です。

① 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感) 、高熱等の強い症状のいずれかが ある場合
② 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
③ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合


発熱、風邪症状に加えて味覚・嗅覚障害がある場合も注意が必要です。この点に関しては専門家により意見が分かれているため記載はされておりませんが、受診や相談を考える重要な目安になると思います。また、この基準はあくまでも相談・受診の目安で、新型コロナウイルスのPCR検査を行う基準ではありません。PCR検査はこれまでどおり帰国者・接触者外来電話相談センター(地域の保健所)や医師が必要と判断した場合に対象となります。当院で患者様に配布しているご案内も参考にしてください(ダウンロードはこちら)。
 外出自粛要請が出されてから新たな感染者は確実に減少してきています。大変な時期が続きますがみんなで協力して乗り切りたいですね。

may

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2020.05.01更新

こんにちは。院長の品川弥人です。 最近胸の痛みや動悸で受診する患者様が増えています。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、仕事や家庭でのストレスや悩みから自律神経のバランスを崩し、心臓に影響している方が多い印象を受けます。心臓をはじめとしたすべての内臓は精神状態やストレスと密接な関係があるのです。今日は特に注意が必要な心臓の症状の特徴についてお話します。まず初めて動悸につていですが、胸がドキドキした後に気分が悪くなったり、胸が苦しくなったり、意識がぼーっとするような場合。胸痛については体を動かしたとき(早歩きをしたり、階段を上ったり、重いものを持ったりしたとき)に胸全体が締め付けられるような圧迫感を感じる場合。この2点は特に注意が必要です。危険な不整脈や心臓の血管が動脈硬化で詰まりかけている心筋梗塞の前兆のことがあります。さらには発熱・風邪症状がある場合に、息苦しくなったり、胸が痛くなったり、今までなかった脈が飛ぶよう症状が出てきた場合も新型コロナウイルスの肺炎症状の可能性があるので注意が必要です。もしこのような内容に当てはまる場合は受診をおすすめします。まずお電話で相談していただいても良いですし、予約なしで直接受診することも可能です。心臓専門医による適切な診断とアドバイスが受けられます。多くの方がこのような症状で受診をされますが、ストレスによる心配のない症状が多いのも事実です。そのようは場合は人込みを避けて外に出て定期的に散歩をする、深呼吸をする、などの自律神経をリラックスさせるような習慣をお勧めします。不要な外出を自粛しないといけない時期はまだまだ続きそうですので、体調を崩さないような生活習慣を心掛けたいですね。危険な胸痛の特徴や動悸・不整脈をみる際のポイントについての動画も作成しておりますので是非、参考にして下さい。

胸痛、動悸の動画での説明はコチラ 

➡絶対に放置してはいけない危険な胸痛の特徴

➡息切れ・動悸・呼吸が苦しい ~原因は?緊急性はあるか?~

➡動悸・不整脈を自己診断

➡急性心筋梗塞の胸痛~狭心症との違い

200501

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

WEB問診
  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール