医院ブログ

2019.08.20更新

皆様こんにちは。院長の品川弥人です。

1週間お盆休みをいただきありがとうございました。毎日暑い日が続きますね~。

8月も下旬となりましたが、まだまだ体調管理に気を付けないといけない日が続きそうです。

さて、皆様夏休みってどんな思い出がありますか?子供の頃の家族との旅行って、とても楽しく、ワクワクするような思い出が残っています。

子供達にもそんな楽しい思い出を残してあげたいと思い、今年は両親と兄弟家族18名で伊豆の海へプチ団体旅行をしてきました。

5家族、子供は総勢8名。とってもにぎやかで楽しい旅になりました。子供はすぐ大きくなってしまうものです。

大人は大変でも、鮮やかな夏の思い出を残してあげたいですね。

sea

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.07.15更新

こんにちは。院長の品川弥人です。今日は海の日の連休ですが、梅雨が長びき雨の降る日が続きますね。ちょうど昨年の今日は夏らしい青空が広がり、家族で海水浴を楽しんでいたのを思い出しました。今年の夏の訪れはまだもう少し先になりそうですね。

 さて、今日は院内スタッフの研修会を紹介させていただこうかと思います。当院では毎月1回、休診日にスタッフミーティングや研修会を行っています。

スタッフミーティング

どうやったら患者様により良い医療が提供できるかについて話し合い、業務改善に取り組んでいます。先日は日本褒め言葉協会の藤崎徳朗先生をお招きして、お互いの長所を見て褒める、感謝を言葉で表すコミュニケーションの研修を行いました。

セミナー

カードで遊んでいるように見えますが、研修なんですよ(笑)。とても楽しくスッタフ同士の結束が強まった一日でした!こんな取り組みを通じて、しながわ内科・循環器クリニックのスタッフは少しでも皆様へより良い医療の提供ができるように成長を目指しています!

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.06.10更新

肩や首がパンパンに張って、痛みが強い時に筋肉や筋膜の緊張を取り除くトリガーポイント注射という治療法があります。

トリガーポイントという筋肉の慢性的な緊張によって血液循環が滞り、発痛物質が蓄積している部分に麻酔薬を注射することで,発痛物質が除去され,局所の血流が改善し,筋肉の緊張を和らげると考えられています。

マッサージや内服薬と組み合わせることでより効果が期待できます。

硬膜外ブロックなど体の深部に針を刺すブロックと比較して、安全に行えるのが特徴です。

ひどい肩こりや肩こりによる頭痛がある方などは、一度ご相談ください。

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.05.12更新

こんにちは。院長の品川弥人です。
当院では4月から臨床検査技師がほぼ常在し(非常勤3名)、超音波検査が手軽に受けられるようなりました。

超音波検査とは一般にいうエコー検査です。様々な臓器や血管の状態を痛みや負担なく調べることができます。具体的には心臓、頚動脈、下肢動静脈、甲状腺、腹部臓器(肝臓、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺)などです。

例えば健診で悪玉コレステロールの高値を指摘されたときには超音波検査で血管の壁へのコレステロールの沈着の程度を調べることで治療の必要性を判断することができます。

健診で肝機能障害を指摘されたときは腹部超音波で原因を調べることができます。混雑具合にもよりますが、心臓や頚動脈は当日で予約なしでも検査可能な日が多いです。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

 

エコー

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.03.10更新

皆様こんにちは。院長の品川弥人です。
今日は私が行っている心不全の公演活動についてお話させていただきます。心不全とは心臓の働きが悪くなることによって、息切れや呼吸が苦しくなり、命を縮める病気です。
心不全についての詳しい説明は以前のこちらのブログ(2018年5月心不全てどんな病気?)をご参照ください。

 https://www.shinagawaclinic.com/blog/clinic/2018/05/

社会が高齢化するにつれて急速に増加している心不全は、現在の医療界で大きな問題になっている病気の一つです。これまでは比較的大きな病院や循環器、心臓を専門とするクリニックで診る病気でしたが、今は一般内科の医師でも広く心不全の対応をしなければならない時代になっています。そのような流れの中で最近は一般の地域の先生や看護師さんに向けた心不全の講演をさせていただく機会が多いです。さらに、大きな病院とクリニックの医療の連携もこれまで以上に重要になっており、病院と地域のクリニックの医師や看護師、薬剤師が顔を合わせて心不全について話し合う場をつくる活動を始めました。先日は町田・相模原地区で40名の医師・看護師・薬剤師が集まり、心不全の現状について話し合う会を開くことができました。これからも自分の専門分野を生かした地域貢献ができればと思っています。

1

 

23

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.01.17更新

こんにちは。院長の品川弥人です。
年末までは落ち着いていたとお知らせインフルエンザが、年明けから急増しています(苦笑)。

昨日、関東でも流行警報が出されましたね。当地区でも患者さんが急増しています。

今日はインフルエンザの基本的な情報についてお伝えしておこうと思います。特徴的な症状は、寒気、頭痛、発熱(多くは38℃以上)で発症し、体のだるさ、筋肉痛、関節痛などが出現することです。ただし、のどの痛みや鼻水が主体で、通常の風邪と見分けがつきにくい場合もあるので注意が必要です。

インフルエンザは抗ウイルス薬があるのですが、発症から48時間以上経過すると効果が落ちてしまいます。ですので、症状が怪しい場合は早めに受診をして検査を受けることをお勧めします。(発熱後半日くらいたてば正確に診断できることが多いです。)

特に高齢者や小さなお子様は肺炎や脳症を発症することもありますので、早期診断と治療が大事になってきます。

感染予防として、手洗い・うがい・マスクの着用などが良く言われますが、実は自分の体力や免疫力がとても大事なのです。同じくウイルスに接しても自分の免疫力がしっかりしていれば、発症しないことが多いのです。免疫力を落とさないためには疲労やストレスをためない、睡眠と栄養をしっかり摂る基本的な体調管理が大事です!

また、インフルエンザワクチンは当院にはまだ在庫がありますので、1月中であれば接種可能です。
ご希望の方はお電話でお問い合わせ下さい。

お互いしっかり体調管理をして、寒い冬を乗り切りましょう(^^)

ウイルス

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2019.01.03更新

皆様、明けましておめでとうございます。
今年は寒い年末・年始になりましたね。幸いインフルエンザはあまりはやらずに、クリニックとしては比較的穏やかな年越しになったと思います。

私個人も家族とゆっくり過ごす時間を取ることができ、昨年の振り返りと今年の抱負について思いを巡らすことができました(^^)。

2019年度もしながわ内科・循環器クリニックは皆様により一層満足していただけるように、スタッフ一同、常にどうしたらもっと良くなるかを考えながら進歩・進化していく所存です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

院長 品川弥人

新年

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2018.09.20更新

こんにちは。院長の品川弥人です。

9月15,16日の二日間にわたり、平塚運動公園で毎年開催されるマラソン大会に参加してきました!

クリニックのチーム「しながわCirc」としての参加は毎年恒例になり、今年で3年目になります。

この大会は1周1.7㎞のコースをチームでたすきリレーを行って走行距離を競う24時間リレーマラソンです。

今年の順位は97チーム中36位で13人での走行距離は275.1km。みんな頑張りましたね~。

各自がベストを尽くして、1本のたすきをつなぐ時間は仲間と過ごす最高の時間で、打ち上げで味わう生ビールは世界一うまい大ジョッキになります(笑)

体力的には当然キツイのですが、非日常を仲間みんなで味わえる病みつきになる大会なのです(^^)。

24時間リレーマラソン完走

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2018.08.20更新

こんにちは。4月から常勤になりました佐藤弥生です。

最近は朝、夕涼しくなってきて過ごしやすい日が増えてきましたね。
今日は帯状疱疹のお話をします。
帯状疱疹はみずぼうそうのウイルスが原因です。子供の頃にかかったみずぼうそうのウイルスが神経に潜んでいて、ストレスがかかったり疲れていたり、免疫が低下した時に神経に沿って増えてきます。この時に神経を傷つけながらウイルスは増殖していきます。

小さな水疱がいくつか集まって、ぴりぴり痛痒いような感じがしたら要注意です。

帯状疱疹の怖いところは、最初の治療が遅れて湿疹がひどくなるとその後に神経痛が残る可能性が高くなってきてしまうんです。

当院では帯状疱疹の治療はもちろん、帯状疱疹後の神経痛の治療も行っています。

あれ?と思ったり、帯状疱疹の治療をしたのに痛みが残っていて辛い方はぜひ相談してくださいね。

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2018.07.31更新

こんにちは。院長の品川弥人です。夏真っ盛りの猛暑が続きますが皆様、体調は崩されてないですか?

今回は先月に町田市の薬剤師会で脂質異常症について講演をさせていただいた内容、動脈硬化と心臓や脳の血管の病気を予防し、寿命を延ばすのに良い食事についてお話しようと思います。テレビでは毎日のように健康やダイエット番組が組まれ、これさえ食べていれば健康になれる!ダイエットには〇〇が良い!といった類の話があふれていますね。情報が氾濫し何を信用したらいいのかわからない時代です(笑)。

でも実は大規模な調査で血管や心臓の病気を減らすことが証明された食事様式があるのです。それは野菜、果物、全粒穀物(精製していない玄米や全粒の小麦粉)、魚を多く摂取し、獣肉類を控え、オリーブオイルやナッツを積極的に摂取する地中海食といわれる食文化です。スペインで行われたPRDIMED試験とう大規模な試験において、地中海食は心筋梗塞・脳卒中・心血管死を総合したリスクを減らすことが証明されました。

その理由の一つとして挙げられる脂質の種類に注目してみましょう。動脈硬化を予防する体に良い脂肪酸は青魚に多く含まれるオメガ3系脂肪酸、ナッツ類に多いオメガ6系脂肪酸、オリーブオイルを代表とする一価不飽和脂肪酸です。これらの脂肪酸の抗酸化作用、血管の内皮細胞の機能を改善させる作用、炎症を抑える作用が血管に良い理由と考えられています。一方で動脈硬化を引き起こす脂肪酸の代表はトランス脂肪酸といわれるもので、水素添加によって製造されるマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などに多く含まれています。また、肉類に多く含まれる飽和脂肪酸も過剰摂取は控えるべきです脂肪酸です。

ただしこのような食生活を実践するにあたって陥りやすい罠があります。それは良い食品を多く摂取することに注目するあまり、総カロリーが過剰になってしまうケースです。例えば普段の食生活の上に果物やナッツ、オリーブオイルなどを過剰にとってしまえば体重は増えますし、カロリー過多になってしまいます。良い食品というのはあくまで適正な総エネルギー摂取量を保つことを前提とした話なのです。

さらには食事だけでなく適度な運動習慣、禁煙、過剰なアルコールを控える、十分な休養と睡眠をとるなど、血管を守るには大きな視点で生活全体を考えることが一番大事なのです。木を見て森を見ず、にならないように気を付けましょう。是非体に良い食事を取り入れた上で、体の喜ぶ生活習慣を意識して暑い夏を乗り切って下さい!

オリ果実を搾ってろ過しただけのエキストラバージンオリーブオイル

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

前へ

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール