医院ブログ

2018.07.31更新

こんにちは。院長の品川弥人です。夏真っ盛りの猛暑が続きますが皆様、体調は崩されてないですか?

今回は先月に町田市の薬剤師会で脂質異常症について講演をさせていただいた内容、動脈硬化と心臓や脳の血管の病気を予防し、寿命を延ばすのに良い食事についてお話しようと思います。テレビでは毎日のように健康やダイエット番組が組まれ、これさえ食べていれば健康になれる!ダイエットには〇〇が良い!といった類の話があふれていますね。情報が氾濫し何を信用したらいいのかわからない時代です(笑)。

でも実は大規模な調査で血管や心臓の病気を減らすことが証明された食事様式があるのです。それは野菜、果物、全粒穀物(精製していない玄米や全粒の小麦粉)、魚を多く摂取し、獣肉類を控え、オリーブオイルやナッツを積極的に摂取する地中海食といわれる食文化です。スペインで行われたPRDIMED試験とう大規模な試験において、地中海食は心筋梗塞・脳卒中・心血管死を総合したリスクを減らすことが証明されました。

その理由の一つとして挙げられる脂質の種類に注目してみましょう。動脈硬化を予防する体に良い脂肪酸は青魚に多く含まれるオメガ3系脂肪酸、ナッツ類に多いオメガ6系脂肪酸、オリーブオイルを代表とする一価不飽和脂肪酸です。これらの脂肪酸の抗酸化作用、血管の内皮細胞の機能を改善させる作用、炎症を抑える作用が血管に良い理由と考えられています。一方で動脈硬化を引き起こす脂肪酸の代表はトランス脂肪酸といわれるもので、水素添加によって製造されるマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなどの洋菓子、揚げ物などに多く含まれています。また、肉類に多く含まれる飽和脂肪酸も過剰摂取は控えるべきです脂肪酸です。

ただしこのような食生活を実践するにあたって陥りやすい罠があります。それは良い食品を多く摂取することに注目するあまり、総カロリーが過剰になってしまうケースです。例えば普段の食生活の上に果物やナッツ、オリーブオイルなどを過剰にとってしまえば体重は増えますし、カロリー過多になってしまいます。良い食品というのはあくまで適正な総エネルギー摂取量を保つことを前提とした話なのです。

さらには食事だけでなく適度な運動習慣、禁煙、過剰なアルコールを控える、十分な休養と睡眠をとるなど、血管を守るには大きな視点で生活全体を考えることが一番大事なのです。木を見て森を見ず、にならないように気を付けましょう。是非体に良い食事を取り入れた上で、体の喜ぶ生活習慣を意識して暑い夏を乗り切って下さい!

オリ果実を搾ってろ過しただけのエキストラバージンオリーブオイル

 

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2018.05.21更新

こんにちは。院長の品川弥人です。心不全でどんな病気かご存知ですか?文字通り心臓の機能が低下する状態なのですが、最近はマスコミやニュースで話題に上ることが多い一方で、どんな病気だかピンとこない方も多いのではないでしょうか。

昨年、日本循環器学会と心不全学会が一般の方にわかりやすく心不全のことを知ってもらうために、病気の定義を「心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です。」と発表しました。我が国の循環器疾患の死亡数は、癌に次いで第2位となっており、心不全による5年生存率は50%と予後についても癌と同程度で、決して良くありません。しかしその事実と心不全の具体的な病態についてはあまり知られていないのが現状です。

 心不全は高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、喫煙習慣、心臓弁膜症や心筋梗塞などのあらゆる心臓疾患を持っている人が予備軍になります。症状は早歩きや階段を上った際の息切れ、足のむくみ、夜横になって寝ていると息苦しくなる、などが典型的です。気づかないで放置しておくと、ある日突然呼吸困難が起こり、救急搬送となる恐れもあります。診断は胸部レントゲン写真、心臓超音波、採血などで総合的に判断しますが、採血でBNPやNT-proBNPという項目をみれば、簡便に状態がわかります。生活習慣病や心臓疾患でおかかりの方は、かかりつけの先生にチェックしてもらうと良いでしょう。

 日常生活での予防は減塩を基本とした血圧管理が第一です。また、糖尿病や脂質異常症の管理、禁煙などの生活習慣も発症予防にかかわってきます。治療は薬物治療が基本になります。血圧や心臓の負担を調整する薬剤や利尿剤が代表的な薬です。早期発見により適切な治療が可能ですので、疑わしい症状がある方は循環器内科の受診をおすすめします。 
心不全はその進行に生活習慣が大きくかかわってくる病気です。しっかりと管理ができれば多くの場合は良い状態を維持できますが、一方で増悪による入院を繰り返すと命を縮める病気です。是非正しい知識をもって、心不全の予防に努めましょう。

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2018.05.03更新

こんにちは!院長の品川弥人です。今日は私の趣味の一つであるマラソンについて話そうと思います。
ランニングを始めてかれこれ15年くらいになりますが、走ることが習慣になったのは7年くらい前でしょうか。きっかけは東日本大震災です。当時ガソリンが品薄になり給油ができなかった時期があり、片道7㎞の大学病院への通勤を自転車に変えたのです。朝型の生活に変えたことをきっかけにランニングも定期的に始めてみることにしました。週2~3回、30分~1時間程度の朝ランです。

 はじめてみると1日が非常に気持ちよく過ごせて、仕事の効率が上がります!体力も付くため、長時間の仕事でも疲れることが少なくなりました。それから最低限週2回くらいのランニング習慣はほぼ途切れることなく現在まで続いてます。フルマラソンも2011年に初挑戦してから、年1回くらいは大会参加を続けています。よくストイックな趣味だね!Mだね!と言われるのですが(笑)、自分では気持ちがいいから続いているだけなのです。

 何が気持ち良いのか、あまり深く考えたことはなかったのですが、先日心理学のセミナーでマラソンにぴったりあてはまる!と思った言葉に出会いました。「五感を開放する」というキーワードです。 五感とは生物がもつ感覚:視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚です。これらをフルに刺激することで人は本来の人らしく、生き生きと日々を送ることができるという趣旨の話でした。マラソン中は移り変わる景色の中で朝の光を浴び、鳥のさえずりと風の音を聞きながら空気の匂いを感じ、筋肉の使いや全身の感覚を意識しながら汗をかきます。走った後の水の味は格別です。まさに五感をフルに味わう感覚なのです! 全身の力を使い切り、汗だくになるのが楽しい! と思うのははやはりMなのでしょうか(笑) 

 運動習慣の持つ人は持たない人に比べて抑うつになりにくく、ストレス頻度が低いというデータもでています。五感を刺激することを意識して生活することは、肉体面、精神面ともに良いようですね(^^)

(写真はいつも走っている鶴見川沿いのサイクリングロードです)

 

 

朝日のランニングロード

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2018.03.14更新

しながわ内科・循環器クリニック院長の品川弥人(ひさひと)です。このたび、ホームページのリニューアルにあたり、院内ブログを始めさせていただくことになりました。日常生活や診療にまつわる出来事を私やスタッフがupしていきますので、よろしくお願いいたします。
 今回は私の簡単な自己紹介と地元のお話をさせていただこうと思います(^^)。私はクリニックのある町田、山崎町で生まれ育った生粋の町田っ子です。忠生第七小学校(現七国山小学校)、山崎中学校、町田高校、北里大学の出身です。主な勤務先は北里大学病院でしたので、40数年間ほぼ地元で過ごしてきたと言えます。山崎町といえば、まず思いつくのは緑豊かな七国山ではないでしょうか!?標高128.5メートルの小山ですが、鎌倉時代に鎌倉と上州方面を結んだ鎌倉上道の古道跡が現在も残っている歴史ある緑地帯です。となりのトトロの七国山(しちこくやま)のモデルと間違われるようですが、それは違うようですね(笑)。でも緑豊かな里山という点は同じで、四季季折々の自然を感じられる素晴らしい古道の散歩道です。これからの季節は新芽の息吹と新緑がとてもきれいですよ!是非皆様もいちど訪れてみてはいかがでしょうか?

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

2018.02.24更新

よろしくお願いします。

投稿者: しながわ内科循環器クリニック

お身体のことでお悩みの方は
お気軽にお問い合わせください

当院は一人ひとりの生活背景から考え、その方にとっての「最善の医療」を提供致します

  • 042-791-1545 受付8:30~12:00/14:30~18:30
  • bnr_tel_spimg.jpg
    • 予約フォーム予約フォーム
    • メールお問合せメールお問合せ
  • 042-791-1545
  • 予約
  • メール